女性

効率よく商品をアピールするなら中綴じ印刷しかない

実用的なものを使う

グッズ

広告宣伝のためのノベルティグッズは、少しでも購買意欲をかきたてるようなお得感満載のものだと消費者の意欲向上につながります。街頭で配布するチラシにもティッシュが加わるだけで受け取ってもらう確率が格段に上がるでしょう。

プレミアムで購買促進

ノベルティ

プレミアムとして販促グッズを使用すると商品やサービスなどの購買促進を直接的に行えるのがメリットです。まずは使用してもらわなければならない商品に対して、魅力的なグッズをプレミアムにして売りに出すと継続的な収入源にすることができます。

特徴的なデザイン

グッズ

オリジナルノベルティグッズで有名なのがポケットティッシュです。何気なく使用したときに目にする印刷物によって企業のサービスを宣伝することができます。デザイン性の高いものであれば、注目してもらうことができるのです。

大量印刷は業者に依頼

色見本

プロに任せて時間を有効に

カタログやパンフレットなど、大量の冊子を印刷するときは業者に任せてしまうのがお勧めです。その理由について書いていきます。業者に頼むとお金がかかるし、自宅やオフィスにプリンターがあるから自分でやってしまおうと考える人もいるでしょう。しかし、大量の印刷だとインク代や紙代が馬鹿になりませんし、人件費も発生します。一つ一つ印刷していると時間もかなりかかります。業者には専用の印刷機器があります。自宅やオフィスのプリンターと違い、カラーインクが豊富なので色鮮やかで美しい印刷をすることができます。印刷を任せて空いた時間を有効活用することができます。インク代や紙代、人件費やかかる時間を考慮すると、業者に頼んだ方が結果お得になる可能性があるので、一度検討してみることをお勧めします。冊子を作るには印刷だけでなく、製本作業も必要です。業者に依頼すれば上製本や中綴じ印刷など様々な製本方法から選ぶことができます。大量に作りたいので安い方法が良い、大きく写真を載せたいという場合には中綴じ印刷がお勧めです。中綴じ印刷は安価な製本方法ですし、根元まで開くことができるので見開きで写真をレイアウトすることができます。カタログやパンフレットを作りたい場合は中綴じ印刷が向いているでしょう。しかし、印刷の依頼をするにも全国には沢山の印刷業者が存在するため、業者選びに迷ってしまうという人も沢山います。そのような場合は、ネットの口コミサイトなどを参考にして探すとよいでしょう。また、依頼前に複数の業者へ見積もりを出してもらい比較することも1つの方法です。